ブログ~多様性の小径~


バングラデシュ・スタディーツアー 第4回 心がいっぱいになります! 2014年2月28日(金)〜3月10日(月)

ぐるっとバングラデシュ! 目に見えない豊かさを求めて!
Moving Countryの首都ダッカの賑わいを味わい、
NGOの農村開発プロジェクト地を訪問し、
4つの美しい地方に遊ぶ、コンパクトでリーズナブルな10日間。


Be-Windsが現地プログラムを企画するバングラデシュのスタディーツアー「心がいっぱいに!」も4回目。首都ダッカでは、今まさに変化しつつあるMoving Countryとしての勢いを感じつつ、日本の国際協力NGO「シャプラニール=市民による海外協力の会」のコミュニティーセンターが独立して13年前に設立されたNGO・PAPRI(パプリ)を訪問し、地域の少女グループ「キシュリ」や女性の相互扶助グループ「ショミティ」と交流します(2泊)。

さらに、北西部タンガイル県の、人気の高いフェアトレードツーリズムと民衆文化を楽しめるUBINIG(ウビニック)&AJIYER(アジエール)の素敵なゲストハウスにゆったりと2泊してから、ガンジス川をクルーズし、アジア初のノーベル文学賞受賞者、R・タゴールのかつての邸宅(現在は博物館)のある古都クスティアを回って、南西部のジョソール県サティアントラ村でホームステイ(2泊)をします。

文化や自然、そして何よりバングラデシュの人々の心に触れる10日間。
アジア通や旅好きのあなたも、きっと満足する、美しく、楽しく、そして、心がいっぱいになるツアーです。
さあ、ご一緒に!この旅は、あなたの人生を豊かにすることでしょう。

⇒⇒⇒★【ご参考】2013年2月のスタディーツアーの記録


日程

2014年2月28日(金)成田空港発 〜 3月10日(月)成田空港着
※10泊11日、機中泊1泊含む
※3月6日(木)に帰国なさりたい方は、Be-Winds 東までご相談ください。

参加費

旅行代金  195,000円
※旅行代金に含まれる費用は、往復航空運賃、バングラデシュ現地での全日程の宿泊・食事、専用バス、専用船、その他ミネラルウオーター代などの現地諸経費、通訳費が含まれます。上記旅行代金以外に、燃油特別付加運賃(2013年12月現在、34000円)、成田空港諸税2540円、香港空港税等870円、バングラデシュ空港諸税5680円が必要です。
※個人のお土産代(約3千円〜1万円)、海外旅行保険代、自宅から成田空港までの往復交通費、香港空港乗継でのお茶代約1千円、は含みません。
※バングラデシュ入国にはビザが必要ですが、東京・目黒のバングラデシュ大使館にご自分で手続き(申請の翌日に受取可)に行けば無料で取得できます。ご注意:旅券の残りの有効期限が6ヶ月以上あることと、旅券の空白ページが3ページ以上あることが申請要件です。

募集人員・対象

定員6〜7名(すでに女子大生4名、シニア男性2名の参加が確定しており催行決定。>>> 締切ました。
後、1〜2名の申込受付中。お早めにご検討ください。20140114AZ)

※18才以上の心身ともに健康な方で、海外旅行・東南アジア旅行経験者がのぞましい。

利用航空会社

キャセイパシフィック(CX)

申込期限

2014年1月31日(金)  (但し、定員になり次第締切ます。)
お申込書とお申込金3万円を、㈱風の旅行社 竹嶋さんにご提出ください。
※お申込金3万円は最終的に旅行代金に充当されます。
なお、1月31日までにお申込を確定できなくても参加を希望される方は、Be-Winds東まで早めにご相談ください。

募集説明会

  • 日時:2014年1月14日(火)19:00(受付) 19:15~20:45
  • 内容:バングラデシュについてスライド写真等での説明(30分)
    ビデオ『豊かさって何?スタディーツアーの記録』上映(17分)
    スタディーツアーについての質疑応答(30分)
    ★先着6名様まで、バングラデシュのチャイ(スパイシーなミルクティー)付き
  • 会場:(株)風の旅行社 東京本社 セミナールーム
    (東京・JR中央線「中野駅」北口より徒歩約8分〜10分)
    http://www.kaze-travel.co.jp/access
  • お問い合せ:(株)風の旅行社 竹嶋さんまで
  • お申込:不要
  • 参加費:無料

参加者説明会&顔合わせ

  • 日時:2014年2月17日(月)19:00(受付)19:15~20:45
    2014年2月 4日(火)19:00(受付)19:15〜20:45
    2014年2月17日(月)19:00(受付) 19:15〜20:45
  • 内容:スライド写真を使ったスタディーツアーの詳しい旅程の説明。
       旅のコツ、持ち物・準備等、質疑応答、参加者紹介・顔合わせ。
  • 場所:(株)風の旅行社 東京本社 セミナールーム
       (東京・JR中央線「中野駅」北口より徒歩約8分〜10分)
       http://www.kaze-travel.co.jp/access
  • お問い合せ:(株)風の旅行社 竹嶋さんまで
  • お申込:必要 (Be-Winds東まで。PCメアド:azuu333☆gmail.com。☆を@に替える)
  • 参加費:無料

現地プログラム企画

現地のツアー内容に関する問い合わせは、お気軽に下記、東までお願いします。
Be-Winds 東 宏乃(あずま ひろの)(大学兼任講師/(認定)ワークショップデザイナー)
PCメール:azuu333☆gmail.com(☆を@に替える)
携帯電話:080-2194-3197(火〜木は18時以降、土〜月は基本的に全日OK)

お申し込み

上記、東までメールを下されば「お申込書」の書式をメール添付でお送りします。
「お申込書」は、末尾の、(株)風の旅行社 竹嶋さんまでご提出ください。
お申し込みの際は、ご旅行条件(全文)をお読み下さい。
※下記URLからご旅行条件全文が閲覧できます。
http://www.kaze-travel.co.jp/mitsu_ryokojoken


これまでの旅のスナップ(抜粋)

☆首都ダッカ スラム街見学、ストリート・チルドレンと交流


☆ノルシンディー県 NGO・PAPRI 女性相互扶助組織や思春期少女グループと交流


☆タンガイル県 UBINIG&フェアトレードツーリズム「AJIYER」の村で過ごす


☆クスティア県  ガンジス川クルーズとタゴールの邸宅を訪ねる


☆ジョソール県 サティアントラ村リーダーTUHIN家にホームステイ


☆その他 旅の衣・食・住と風景


旅程

  • 2/28(金)
    成田空港10:35発(成田空港第二ターミナル集合8:45)
    →香港空港乗り継ぎ→バングラデシュ国ダッカ空港着19:55 市内ホテルへ。
  • 3/1(土)
    朝:首都ダッカ市最大の卸売市場(カオランバザール)とスラム街の見学。
    午前:首都近郊農村 ノルシンディー県ナラヤンプール村へ、専用バスで移動。
       地元NGO・PAPRI(パプリ)にて代表よりプロジェクトの説明。
    午後:マイクロクレジットを行う女性の相互扶助グループ「ショミティ」見学・交流。
    夕方:村を散策。もしくは、休憩。
  • 3/2(日)
    朝、隣のアムラボ村に移動し、村の朝市を見学。PAPRIのアムラボ事務所で朝食をとり、
    午前中は、アムラボ村の思春期少女グループ「キシュリ」の活動を見学し、
    その後、夕方まで、「キシュリ」と一緒に村の社会貢献につながる体験プログラムに参加。
  • 3/3(月)
    午前、PAPRIを出発して、ガンジス河を伝統船PANSI・NAO号でクルージングし、
    河の両側の景色を楽しみながら、ゆっくりとタンガイル県に移動。
    夕方、UBINIG&AJIYERの素敵なアジアンテイストなゲストハウスに到着。
    休憩の後、文化プログラム&歓迎夕食会。
  • 3/4(火)
    午前〜午後。UBINIGのプロジェクト地、鳥の声と緑の美しいノルショッダ村を散策。伝統織物見学。伝統的自然染色体験。希望者は、地元の銀細工職人のお店でアクセサリーのレディーメード体験。UBINIGの新有機農業運動に参加している農民との懇談。ゲストハウスでのゆったりとしたお茶の時間、等。
  • 3/5(水)
    午前:タンガイル県からクスティア県に専用車で移動。
    午後:クスティアに到着し、夕方、吟遊詩人バウルのフォークソングと伝統楽器演奏を楽しむ。
    地方都市のホテルに宿泊。
  • 3/6(木)
    午前:ノーベル賞作家R・タゴールの元邸宅(現博物館)を見学。
    午後:クスティア県からジョソール県に専用車で移動。
    夕方:ジョソール県サティアントラ村に到着し、村のバザールを見学。
    コミュニティーリーダーのTUHINさん宅にホームステイ。歓迎夕食会。
  • 3/7(金)
    早朝、希望者は、鳥の声とともに起きて、美しい池のほとりで瞑想体験。
    午前〜午後、伝統刺繍布(ノクシカタ)を作る村の女性と交流。イスラム教徒とヒンズー教徒が共存する平和なサティアントラ村の村人数人にインタビューなど。
    夜は、TUHINさん宅の3世代12人の大家族と交流。
  • 3/8(土)
    朝、TUHINさん一家とお別れして、ノクシカタの産地レブトラ村に寄る(予定)。
    昼前、ジョソール県からダッカ市へ専用車で戻る。早めにホテルに着き休憩。
    夜は、高級中華料理屋で、NGOのダッカ駐在員と歓談(予定)。
  • 3/9(日)
    午前、ストリート・チルドレンの一時庇護所を見学・交流。
    旧市街地(オールドダッカ)観光。高級ベンガル伝統料理屋で昼食。
    午後、南アジア最大のショピングセンター「ポシュンドラ・シティー」見学。
    フェアトレード店ARONG、クムディニ、ジャットラ等で、買い物。
    早めの夕食後、夜、ダッカ国際空港へ専用車で移動。
    21:00、
    ダッカより(カトマンズ経由・機内待機)で香港空港へ(翌朝6:00着)。
  • 3/10(月)
    香港空港で乗り継ぎ(9:05発)、成田空港に14:05頃到着、解散。

 

旅行代金でカバーされる食事の回数(機内食を除く)

朝9回、昼9回、夜9回

添乗員同行の有無

(株)風の旅行社の添乗員は同行しませんが、
現地では、現地プログラム企画を行うBe-Windsの東とJABA tour ltd.代表ALAM氏が同行、ご案内します。

利用ホテル等

ダッカ市 ホテル・デ・クリスタルクラウン(高級住宅街グルシャン地区)
ノルシンディー県 NGO・PAPRIのゲストハウス(ナラヤンプール村・アムラボ村)
タンガイル県 民間研究機関・UBINIGのゲストハウス(ノルショッダ村)
クスティア県 ホテル PADMA(クスティア市)
ジョソール県 TUHIN家にホームステイ(サティアントラ村)
*ダッカ市内ホテル3泊分は、一人部屋追加料金6000円/3泊
*その他地方都市については、男女別相部屋となります。
相部屋ご希望の場合でも、相部屋が組めない場合は一人部屋料金をいただく場合があります。

付記

2013年2月〜3月と11月、首都ダッカは、ハルタル(ホッタールとも言う、野党が扇動する政治的デモ)のためにレストランや商店が閉まり、ホテルから外出しない方が良いという影響がありましたが、今回のスタディーツアーは地方を中心に巡るので、ハルタルが起こっても影響はほとんどありません。

また、食事と水に注意し、体調管理を充分にしますので、これまでの経験では、ツアー参加者は誰もお腹をこわすことはありませんでした。

全行程、第一級の日本語通訳 SHAHE ALAM氏(JABA Tour ltd.代表)が同行し、情報収集と判断を確実に行い、安全第一に旅を進めます。現地旅行会社 JABA Tou ltd. http://www.jabatour.com/ は万全の体勢で皆様をお待ちしており、(株)風の旅行社は、旅のプロとして皆さまの安全を見守り保証します。

地図

https://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&tab=wl
※拡大すると、バングラデシュ国の首都ダッカ市、ノルシンディー県、
タンガイル県、ジョソール県、クスティア県がカタカナ表記で出てきます。

旅行企画・実施

株式会社 風の旅行社/総合旅行業務取扱管理者 原優二
〒165-0026 東京都中野区新井2-30-4 I.F.O.ビル6F
観光庁長官登録旅行業1382号 日本旅行業協会(JATA)会員
http://www.kaze-travel.co.jp/
※総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取り扱う営業所での責任者です。
この旅行契約に関し、担当者からの説明に不明な点がございましたら、
ご遠慮なく総合旅行業務取扱管理者にお尋ね下さい。

担当:竹嶋 友
メールアドレス:yu@kaze-travel.co.jp
電話:0120-987-553(月〜土)

コメント (0)

  • まだコメントはありません。

コメントを書く

※投稿すると、自動的にコメント欄の利用規約に同意されたものとみなします。
※投稿後すぐに掲載されない場合があります。 ※HTMLタグは反映されません。

大学での教育や共育ファシリテーターとして思ったことなど、日々の思索をつづっていきます。 価値の多様性を尊重し、さまざまな意見に出会いたいとも思っています。 お感じになったことは是非コメントをお寄せください。よろしくお願いします。

RSS/XMLフィード