ブログ~多様性の小径~


バングラデシュ・スタディーツアー最終決定(2012年2月20日(月)夕方・成田発・8泊10日)

心がいっぱいになります!
NGOと交流しベンガルの村に滞在するバングラデシュ・スタディーツアー

2012年2月下旬、8泊10日(機中泊1泊含まない)の予定で、バングラデシュへのスタディーツアーを企画しました。
★★★ 参加予定者のご希望で、2月20日(月)夕方成田出発〜2月29日(水)早朝成田着に変更になりました。以前、WEB上でご案内していた、2月18日(土)出発ではありませんので、ご注意ください。また、タイ国際航空(TG)の航空券確保のために、少しでもご興味のある方は、ぜひ、早めにご連絡ください。(12月21日現在)
===============================
今、Moving countryとして注目される南アジアのバングラデシュ。
リーズナブルな費用で、首都近郊農村にあるNGOのフィールドや、美しい地方都市ジョソール県の村に、コンパクトに、しかし、ゆったりと遊びます。
◆参考:旅のアルバム2011 https://www.be-winds.jp/?p=692
旅の前半は、バングラデシュの地域開発を担うNGOの複数のプロジェクトを訪問・交流。村人の笑顔と希望に出会います。
後半では、地方都市ジョソールで、昔ながらの農村生活にひたり、静かな時間の流れに身を任せながら人生の豊かさについて想いをはせます。
また、村ではおいしい「ご馳走カレー」ですが、首都ダッカにもどって来たときは、高級中華料理やKFCで、趣向を変えます。
首都のホテルは1泊80ドルクラス、たっぷりお湯のでる高級ホテルで体を休めます。
そして、現地旅行社JABA tour Ltd.のモットーは、安心・安全・快適、そして、心からのおもてなしです。
JABA Tourの入念な準備と配慮のため、知人でもある村の民家に泊まっても、今まで誰もお腹をこわす人はいませんでした。
(その代わり、村では食べ物をもらわない、歯磨きもミネラルウォーターを使用するなど、お約束を守っていただきます。)
旅の詳細については、このWEBにある、2011年2月の旅の記録集をご参照ください。
https://www.be-winds.jp/wp-content/uploads/2011/09/34b521bcf93d016a37eda4ebfef87767.pdf

◆テーマ:ほんとうの豊かさって何? バングラデシュ農村の生活文化と人々の暮らしの温かさに触れて
◆期 間:2012年2月20日(月)夕方成田発~2月29日(水)早朝成田着(8泊10日)(機中泊1泊を含めない)
◆旅行代金:199200円(12月21日最終決定)
(航空券・現地宿泊・現地食事・現地ミネラルウォーター代・現地交通費・通訳費・プログラム費、往路のバンコク国際空港内ホテル宿泊費(6h)、を全て含む)
(上記以外に、①成田空港使用料、②ダッカ空港諸税、③航空保険料、④燃油特別付加運賃、 ①〜④の合計金額 30770円 と ⑤傷害保険料(AIU、92kタイプ、10日間用)8810円、が別途必要です。)
(旅券取得費、ビザ取得代行費、個人で追加なさる旅行保険加入料、バンコク国際空港での往路の朝食代、帰路の夕食代、おこずかい(約100〜150us$で充分)は含みません)
(但し、ビザは、東京・目黒にあるバングラデシュ大使館で取得でき、無料です。申請書類の書き方は、お教えします。)
◆対象:テーマに関心があり健康な方(海外旅行未経験者は除く)
◆募集人員:8名(最小催行人数4名)
◆募集締切:2012年1月15日(日) (締切を過ぎると航空券が高くなったり予約がとりにくくなる恐れがありますので、ぜひ、早めにお申し込み下さい。)
◆旅行企画・実施
株式会社 風の旅行社/総合旅行業務取扱管理者 原優二
〒165-0026 東京都中野区新井2-30-4 I.F.O.ビル6F
観光庁長官登録旅行業者第1382号 日本旅行業協会(JATA)会員
◆呼び掛け・現地プログラム企画:東 宏乃&Shahe ALAM(JABA tour Ltd.)
◆申し込み・問い合わせ:東 宏乃 PHS:070-6648-6283(平日は18時以降、土・日は昼間も可)
または、WEBの問い合わせフォームから→ https://www.be-winds.jp/contact/
◆説明会:個別、または、参加者の皆さん対象に、2012年2月5日(日)午後に開催する予定(都内or横浜)

◆スケジュール(予定)2012年2月
20日(月)成田空港 国際線ターミナル 15:00集合
成田発TG677 17:15 → バンコク着22:15
(バンコク国際空港内のホテル「ルイス・ターバン」で宿泊)
21日(火)バンコク発TG321 10:55 → ダッカ着12:30
14:00〜15:30頃 首都ダッカ・高級住宅街グルシャン地区のホテルで休息
夕方 ダッカ市内 首都の街並みを見学&バングラデシュ最大のNGO・BRACが経営するARONGや、NGO・UBINICのSHOP「Prabartana」で、フェアトレード商品を買い物。
夕食 高級バングラデシュカレー スケジュールの確認と親睦
首都ダッカのホテル泊
22日(水)ストリート・チルドレンのプロジェクト見学・交流
フェアトレードの生産団体を訪問・懇談
市内観光(旧市街地オールド・ダッカ)、メグナ河遊覧船、
ダッカ大学散策、政府刊行物販売所(バンベイズ)、等
23日(木)
朝7時:首都ダッカからノルシンディー県アムラボ村、地元NGO・PAPRIの事務所へ車で移動
昼前:女性の相互扶助グループ・ショミティと交流
(マイクロクレジットについても詳しくヒアリング)
昼食:地元NGO・PAPRIのゲストハウス
午後:アムラボ村の少女グループ(キシュリ)と交流
夕食:地元NGO・PAPRIのゲストハウス
夕食後:地元NGO・PAPRI代表のバセット氏からプロジェクトの説明&1日のふりかえり
PAPRIのゲストハウス泊
24日(金)午前:アムラボ村の1つの集落を一周(2500年前のワリボテショー遺跡見学)
または、農村生活に関わる家計調査など、農村の暮らしをより理解するためのフィールドウオーク
昼食後:アムラボ村から首都ダッカに移動
途中、ジャムダニ織の産地や、「ショナルガオ遺跡(黄金の都)」を見学
夕食:高級中華料理(ダッカ駐在の日本人と交流(予定))
首都ダッカのホテル泊
25日(土)午前:西のジョソール県に向けて出発
昼:ガンジス川を船で渡り、船の上でゆったりと昼食。河の上から川岸の村を眺望。
夕方:ジョソール県サティアントラ村に到着。 大家族TUHIN宅に民泊
26日(日)早朝:村のため池まで散歩し、瞑想。
午前:サティアントラ村のフィールドウオーク
(イスラム教徒とヒンドゥー教徒が共存し、伝統刺し子布カンタを作る農村女性のいる村)
午後:村で写真教材「世界の家族」の撮影。
夜:TUHIN家の大家族と交流  TUHIN宅に民泊
27日(月)午前:サティアントラ村からレブトラ村に車で移動し、農村女性が作る伝統的刺繍布(ノクシカタ)の生産地を訪問。
昼前:首都ダッカに戻るためにジョソール県を出発。車と船。
夕方:首都ダッカに到着。ホテルでシャワーを浴びて、買い物へ。
ARONG, JATRA(芸術大学運営のクラフトショップ)、KUMUDINI(フェアトレードの衣料品・手工芸品の生産販売の老舗)など。グルシャン地区の高級スーパーマーケットも見学。
夕食(高級中華料理の予定)&これまでの旅のふりかえり
28日(火)朝7:00 余力のある人は中央市場へ(魚・野菜売り場の見学)
10:00 ホテルを出発  11:00 ダッカ国際空港着
TG 322 13:40 ダッカ発  17:10バンコク国際空港着
バンコク国際空港内で夕食&休息(トランジット)
TG 640 22:35 バンコク発
29日(水)早朝 6:15 成田空港着  解散

●●● 22日(水)午後は、スラム街の散策、UNDPの図書室見学など、参加者の希望にそったプログラムを選択できますので、ご要望をお知らせください。

●●● 居残り組みは、さらに2泊3日延長し、北西部のタンガイル県に行き、UBINICという農村開発では有名なNGOが支援する、女性が担う伝統的農業プロジェクトを視察・交流します。成田空港帰着は、3月3日(土)早朝になります。 (居残り組みの現地追加費用は、1人34000円。旅行保険は、AIUの92k、13日用10420円に加入していただきます。)

★ AIU 92k 参考ページ:
http://ryugaku-hokenservice.com/contents/kaigai/abroad_p.htm

◆少しでもご興味のあられる方は、ぜひ、WEBにある「お問い合わせ」フォームから、お気軽にご連絡いただけると幸いです。

 

 

 

コメント (7)

  • zukky 11-09-22 (木) 18:46

    興味あり・・・詳細情報楽しみにしています!

  • AZUU 11-09-22 (木) 18:54

    ご興味をもってくださりありがとうございます。8日間ならOKでしょうか? それとも、10日間大丈夫? from AZUU

  • AZUU 11-12-15 (木) 20:37

    3つの全く性格の違う村と、ストリートチルドレンとの出会いが忘れられないものとなる首都での滞在を含めても、1週間余の旅程で、ゆったりと過ごします。ずっと手軽になったバングラデシュです。ぜひ、ご一緒に!!!

  • AZUU 11-12-25 (日) 16:54

    現在、お気持ちの決まった方々へ、申し込み用紙をメール添付でお送りしている段階です。
    ご興味のあられる方は、このWEBの問合せフォームから、早めにご連絡ください。
    折り返し、メールでお返事させていただきます。
    また、私は冬の休暇に入っておりますので、電話(PHS)は、10時〜22時まで、お受けできます。
    お気軽にコンタクトください。 東 宏乃

  • 東 宏乃 12-01-11 (水) 16:26

    お申し込み期限を、2012年1月15日(日)ではなく、
    2012年1月13日(金)とさせていただきます。
    (タイ国際航空の座席確保のためです。)

    お申込書を、東に請求の後、メール添付でお受け取りいただき、
    内容を記載の上、(株)風の旅行社、原優二さんまで、
    急ぎ、メールにて、ご提出(お申し込み)ください。
    お申し込み金は、3万円(最終的には旅行代金に充当されます)です。

  • モンゴルマン 14-05-10 (土) 23:09

    東さん!アッサム・アライコム。
    アロムさん、今年来日予定がありますか?

  • モンゴルマン 14-05-10 (土) 23:10

    東さん!アッサム・アライコム。
    お元気ですか?

コメントを書く

※投稿すると、自動的にコメント欄の利用規約に同意されたものとみなします。
※投稿後すぐに掲載されない場合があります。 ※HTMLタグは反映されません。

大学での教育や共育ファシリテーターとして思ったことなど、日々の思索をつづっていきます。 価値の多様性を尊重し、さまざまな意見に出会いたいとも思っています。 お感じになったことは是非コメントをお寄せください。よろしくお願いします。

RSS/XMLフィード